--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.02.02

沈黙

昨夜、夫と映画「沈黙」を観に行きました。
遠藤周作さんの小説を数年前に読んで以来の沈黙でした。
三時間弱に及ぶ長作だったので、うーん、いろんなことを考えさせられたけど、とっても断片的でまとまり様もない事柄です。
自分の意志を曲げよ、と言われた時に、人って圧力の掛けられ方によってはめちゃ強固なものになったり、逆にもろくなったりする。
本作では切支丹が棄教を迫られたんだけど、自分自身が苦しめられるのは、むしろキリストに倣えたようで、誇らしい苦しみだけど、5人の信者が拷問を受けていて、「お前さえ棄教するといえば、踏み絵を踏めば、この5人は助かる」「イエスだって、こんな状況だったら棄教するだろう」
「結局、お前は自分さえ良ければ…」などという迫り方をされると、もう、司祭様、半狂乱になっていました。
いや、ほんとにイエス・キリストならどうしていただろう。そんな記述、聖書になんかあったかなぁ。
江戸幕府がそんなにも徹底的にキリスト教を排除しようとしたことも、気になります。
だれかの本で、「もしもあの時(ペリー来航のとき?)、鎖国がずっと続いていたら、道は土のままで、郵便やさんは飛脚のままで、長屋にはご隠居がいて、日本人は頑丈で粗食で、そりゃあいい時代を今日迎えていただろう」なんていう人もいる。
不平等な貿易、海外からの毒っけた思想、食物の数々。。。
そういうものを完全排除する為に、宗教も排除しようとしたんだろうか。
それにしても末端の人たちの苦しみときたら。。。
いつも純粋で真面目な末端の人が苦しむなぁ。
その当時、なぜキリスト教をそんなにも人々が渇望したのか、仏教が、人々の苦しみに応え得る存在でなかったのか、そこも気になりました。
キチジローという登場人物がいるのですが、(窪塚洋介)もう情けない役で、何度でも悔い改め−の、なのに何度でも踏み絵ふみーの。
彼のセリフに「自分はもっと前に生まれていれば、幸福で模範的な信者のまま天寿を全うできたのに、なんでよりによってこんな時代に生まれたんか、悔しい」と。
自分もかつてキリスト教を勉強していた時に、幼いながらに、「うわ、イエス痛そう。このままこの宗教をやるってことは、いざ禁令の時が来た時は隠れて屋根裏でお祈りしたり、捕まって拷問うけても血だらけでも辞めん!って言わんといけんのんか、できる?無理じゃない?」みたいな自問自答をしたことがあるのを思い出しました。
今の時代だから、うふふ、すばらしい教え、今日も神様ありがとう、と言ってられるけど、自分にその覚悟があるのか。
この間読んだ明石順三についての本では、第二次世界大戦の時に宗教上の規律を理由に兵役放棄したのは彼らの宗教だけだったそうで、明石順三は実に7年の投獄と拷問に耐えたのだけど、
戦後開放された後にその宗教を棄教して言ったセリフが「これだけの苦しみにもまして神の教えに従うものを信者というんであって、ガラクタみたいな人間の寄せ集めで頭数数えて信者が増えた~とか言ってる奴はどうしようも無い」みたいな発言をしていた。
強烈な迫害に耐え得ないものは悪?価値なし?信者で無し?
じゃあ踏み絵を踏んだあの司教はニセモノなんだろうか。
それともイエスを100%クリスチャンとして、85%クリスチャン、なんだろうか。
ラッキーな時代に生まれて、掟に完璧に従えた信者は100%の称号をもらえて、そうでない場合は。。。
いとも簡単に何度も踏んじゃうキチジローは0%クリスチャン???
あの主人公の司教が至った新境地、フェレイラさんが至った新境地について、もっと掘り下げてほしい。
っていうか、自分で掘り下げてみたいと思う。
踏み絵はその後何度も踏むけれど、イエスキリストが心のなかにいる。
仏教も学ぶ、日本の妻子と暮らしながら心にイエス・キリストがいる。
棄教しました。という証明書を何度もスラスラ書くけど十字架は持ってる。
自分を責める気持ちから、なにか別の形の平安、イエスキリストとの対話があったんだろう。
日本のなんらかの思想が、そのように導いた、とか?
話は変わるけど、自分はどのくらい迫害を受けても、戦争反対と言い続けられるか、
どれくらいの資産、精神、肉体的な打撃を受けても、戦争反対と言い続けられるか、
そんなことにも思いが飛び火しています。
これからの時代には、どんな戦争への導入茶番劇が繰り広げられるだろう。
自分がバランスを保っていられるか、準備が必要だと感じたりします。
お奉行様曰く、踏み絵を踏むことは「対したことではない。ほんの軽くかすめる程度で良い。形式的なことだ。こんなこと早く済ませようではないか」と、言葉巧みに迫りました。
その言葉に乗せられて踏み絵を踏んだ人が、後々考えるに、何を失ったか、何を奪われたか。
気づける人間でありたい。

まだまだ話し足りない2月の夜長です。
スポンサーサイト
Posted at 20:04 | ただいま | COM(0) | TB(0) |
2017.01.20

女は食べ物に夢中

「女はさぁ、羊羹だの、甘栗だの、お取り寄せだの、食い物のことしか頭に無いのかね」
小太りのおばちゃんが観光地に写り、若い女性達は流行りのカフェに写る
オトコ達よ、一体ダレの飯で大きくなったのかね?
忘れたのかい?
日々の途切れなき階段を、来る日も来る日も美味いものを作って登り続けた女のコトを
女が美味いものに感度良好なのは自然のなりゆき
皮肉にも、そう教えてくれたのは科学博士だったんだけど…

Posted at 14:04 | | COM(0) | TB(0) |
2017.01.10

助ける  について

新年あけましておめでとうございます(^^)
本年も何卒宜しくお願いしますm(__)m
相変わらずの不定期更新、お許しを💦
そしていつものダラダラ思考メモです。
年末に姉から母が心配なので様子を見に新年集まろうとの打診がありました。予想通り、病院に行ってくれ、行かない、のやりとり。父についての愚痴、娘についての愚痴。優しい相槌の姉、イライラするわたし。
fc2blog_201701101211234cf.jpg
実家のトラくん6kgの巨漢
昔は時間のある限り、話を聞いたり、悩んでいました。心はいつも灰色で、苦しかった。
でもいつの頃からか、自分の中で割り切るようになりました。なぜかと言うと、四人の子供を産んでみな優しい子に育ったという母の功績に気づいたのと、父の悪行を娘に話す母の表情は少し心踊っているからです。
あぁ、この人、気づいていないだけ。問題は母の個人の中にあるな、と思いました。これ以上は付き合わまい。
人から見れば冷徹?
おかげで自分の歩みが出来ていたさ中に、年末の姉からの招集でした。
揺れました。え、お母さん、やばいの?
人に詳しく説明できるほど、いやぁ~な夢も見てしまいました。
母親の影響は強い。
そして最近、二回通り読んだのは手塚治虫のブッダです。
12巻に登場する、麻薬に狂った女ヴィサーカー。ブッダをその昔たぶらかした豪商の娘だったけど、いまではすっかりガタガタで薬に溺れている状態。わたしのことは捨て置いて。いや、わたしとともに行くんだヴィサーカー。みたいなやりとりで強引に旅に巻き込みます。行く先行く先で薬の禁断症状で暴れたり泣いたり。それでもブッダは手放さない。

また別の日には親族の集いにて、伴侶に先立たれ、寂しさを酒で埋めてアル中になり、余生を病院で過ごす人の話を聞きました。
その日の夜には私たち夫婦にとって憂う問題を抱えた友達からのお酒のお誘いのようなメール。いま、家にひとりでいるなら、苦しいだろうな…招く?うぅん…な21時…。
母も、アル中おじいさんも、友達も、欲しがってるのは啓発的なコトバでは無い。共に過ごす時間。私が一番惜しがっている。
そして昨晩、心屋さんのブログでこんなのを見つけた。
妖怪かわいそう
http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-11512996841.html
母への感情移入、子供としての罪悪感、足らない自己肯定感の穴埋め、そんなものから膨らんで行く妖怪かわいそう。
妖怪かわいそうに餌を与えないでください。
本人が気づくしかないことです。
でもブッダならどうしただろう…。
そんなにもグラグラな私がチャリティーLIVEで何を言うんや
何をか言わんや…
fc2blog_20170110121432c06.jpg
Posted at 12:15 | 思い | COM(0) | TB(0) |
2016.10.17

聞かれる

アルトバイエルンでしたっけ?
クラシックの円熟した女流音楽家がウインナーをかじるCM、ありましたよね
彼女が病の床で「もう一度、大きなコンサートホールで満員のお客さんの前でピアノを弾きたい」と夢を語られたそうです。
「しょうらいの夢は?」
と聞かれると耳の痛かった高校三年生
奈美恵ちゃんはどうなりたいの?
と聞かれると焦りと不安が掻き立てられた29歳
今年の夏はトマトを狩りながら、バイトに来ている高校三年生に、うっかり夢を聞いてしまうところでした。
何歳でも、その眼差しと行いゆえに
この人、どうなるんだろう?どうなりたいのだろう?いつまでやるのだろう?
聞かれる側でありたいと思いました。

ギターの金藤くんと、ユニットを結成します。
「Luca」
どうなりたいの?という問いを煙に巻きながら次の場所へ♬
よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ
奈美恵
Posted at 20:30 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2016.09.11

うたた寝

猫を飼い始めました。

とてもかわいいです。
背中が見事なねずみ色で猫らしからぬ動きをするため、ネズミ疑惑があります。
いつぞや、とりもちに引っかかった息も絶え絶えなネズミを思い出します。
あのネズミも私の足の間でうたた寝するこの子のように小さな胸を上下させて横たわっていた…
ニャーと生まれるかチューと生まれるかでこんな、こんな分け隔て、狂気だな。
しかもその翌日新婚旅行に行ったんだから、さらに狂気です。
呆れちゃう。

Posted at 16:01 | 思い | COM(0) | TB(0) |
2016.06.24

2016 夏のライブスケジュール

梅雨、なんていう悠長なものではないですね(-_-;)
わが町、府中も、今まさにピッカンドッカン!!!
雨漏りしてないか家中確認、夜中は避難勧告のアラームが鳴るという大変な感じです。

いま、五木寛之の息の本を読んでいます。
禅の思想について多分にかかれている本で、
『雨の音をザーザーと表した時点で、もうそれでしかありません。一粒一粒残さず聞いてみようとしなさい、そして雨の音が意識から消えるようにしてみなさい。そして呼吸も同じようにやってみなさい』

とのこと。。。。


以下ライブの予定です。
機会をくれてみんなありがとう。

7/2(土)
府中Live Spot Always
¥1000(drink付)
19:00 start~2stage
『うふふ夫婦の夫婦喧嘩 Round1』
タイトルの通り、夫と繰り広げます。

13450891_1082091861879275_536061536279290046_n-1.jpg


7/9(土)
日暮里Bar Porto
¥2500(別途ドリンクご注文くださいね)
19:00 Open
20:00 Start~2stage
『Duet』
タイトルの通りデュオで繰り広げます。
お相手は鍵盤とアコーディナの川村健さんと。
健さんの健は鍵に変えたほうがいいとおもわん?

13522074_1084693638285764_3766732211762581304_n.jpg


7/23(土)
府中のお祭り広場
¥プライスレス(お祭り騒ぎしてくださいね)
詳細は後報
『備後国府祭り2016』
http://www.bingokokufufes.com/event.html
共演者
森山直洋Gt.
サイトウイズミvo Key
麦田稔Bs.
Koji Murakami Dr.
きょ、きょうれつに難しい曲ばかりですが一度はやってみたかったやつばかりです。
お楽しみに☆

7/24(日)
府中クラシックハウス
¥2000(drink付)
18:30 Open
19:00 Start
『広島県府中市花火大会』
https://www.facebook.com/hiroshimagcl/photos/a.1084312931742202.1073741829.291638371009666/1640044192835737/?type=3&theater
共演者
松阪彰三Pf.
森山直洋Gt.
村上浩二Dr.
Jazzと酒と花火★府中の花火を特等席でどうぞ!!!

13450208_1637843989722424_5216277307157321678_n.jpg

8/19(金)
カフェ&ダイニング『コットン』
¥投げ銭(是非1オーダーお願いします)
夕方から〜(詳細後報)

共演者
Shoko Leo Ono(フラ)
Limba Trip(カリンバ)
『抱く』
カリンバとフラダンスと歌のライブ、してみたいんです!
彼女の微笑みと精神たゆたう踊りは毒も愛もだきしめるみたい。そんなライブにしたいな。
ご予約は 080-6324-3809(わたし)まで!!!











Posted at 10:58 | ライブ情報 | COM(0) | TB(0) |
2016.05.26

サロン・ド府中 第一回開催!!

念願の企画!これからも面白いことやって行きますよー(^∇^)

企画名「サロン・ド府中 vol.1」

日程 6/12(日)

場所 旧平地呉服店

時間 18:00 会場

   19:00 「女四人、金子聖徳を謡う」

   20:00 「川村健のふらんす遊歩」

料金 2000円(ご予約で1500円)

   (浴衣、着物でお越しの方はさらに500円引き)

ご予約 080-6324-3809(クワダ)までご連絡ください。(30名限定)



主催 府中文化向上委員会

協賛 府中浪漫倶楽部寫眞館



レトロモダンな府中で、音楽や酒、着物、文学、語りを楽しむサロンがあればいいのに…

サロン・ド府中はそんな理念で立ち上げた企画、第一弾です。

2本立てのコンサートです。

①「川村健のふらんす遊歩」

川村健(アコーディナ、ピアノ)

むらかみこうじ(ドラム)

森山直洋(ギター)

東京からアコーディナ(Accordina)という楽器をもってやって来ます。

国内では非常に珍しい楽器です。

アコーディオンのような哀愁のある音色で、ハーモニカのように息を吹き込む抑揚豊かな楽器です。

フランスの街角で壁に持たれて演奏してるような、そんなひと時を演出します。



そして対するは

②「女四人、金子聖徳を謳う」

シンガーソングライター金子氏

非常に稀有な作詞作曲家です。

時代も国も越えて行くような8曲の短篇集たち。

この度は歌い手として活動する四人の女性に歌わせて、ご本人はストーリーテラーとしてソファに座って皆さんに語りかけます。

四人の女たちは…

谷本志帆

池田ユキ

奈美恵

四人目は当日発表



※旧邸宅の強度上、30名限定ライブとなっています。(現在、残席10です。)

※会場は2階です。(1階では飲物、小料理などもあります)
Posted at 18:13 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2016.03.12

わりこんだのは

パタン パタントタントタン

眠気なまこで階段をおりると、ネズミホイホイにネズミがかかっていました。この家に住むようになって二匹目です。
夫はごめんな、ごめんな、といいながら外に出し、お経を唱えていました。

「やっぱ、殺すんじゃなくて、家に入ってこんようにせんといけん」

ニガニガしい顔をして会社に。。。

ガラス戸を開けるとネズミ

まだ生きています。

呼吸なのか鼓動なのか、早い間隔で胸が上下。

洗濯物を干し、皿を洗う。

ガラス戸を開けるとネズミ

もがいています。

私は日常を過ごし、時々窓ガラスを開けて確認。

だんだん胸の上下が、朝の早さの三回に一回くらいのペースになり、

目が閉じられ、昼過ぎにはなくなりました。

象とネズミが一生に胸を打つカウント数は同じくらいだそうです。そんな本が出てます。


2階の寝室からベランダが見えます。

ベランダには雨漏りの原因となる穴が空いています。

あくせく作業をしていると、ふと我に返ることがあります。

あぁ、くそっ、こんなとこに穴が、、、なんて思っているけれど、

この家が空き家だったころから穴はあったし、この家は陽をあびてたし、どしゃぶりもあったし、

ぼくはずっと一人だろうか、、、あの人達はどこへいったんだろうか

なんて考えもせず、ゆるぎなくあったんだなぁ

途中からやってきてガタガタ文句言ってるのか私。。。

家って、文句も言わず、よくずっとそこにいるよなぁ。。。。

私、ねずみの余生を断ち切っちゃったなぁ。。。


小さな田舎町の屋根に登って空を見たりしてます。

視野は大きく生きたいな。




Posted at 18:21 | 思い | COM(0) | TB(0) |
2016.02.28

消えゆく善意

お久しぶりです。お久しぶりすぎて、申しひらきもできかねます。

式を終え、家の改築真っ最中。。。

府中市という町にも慣れ、車でいろいろ実務をこなしております。

ずいぶん前、いつものように日が暮れた車道を走っていると、寒空の中、マスクをしてチャリンコを飛ばすおばあさんの姿がありました。

それをみると、母を思い出しました。(ご存命です)

母は車に乗れないのでチャリをこいでけっこうな距離、行ってしまう上、喘息持ちなので家族はなかなかヒヤヒヤもの。
 
✴✴✴ ✴✴✴

式の準備をしている中、準備はけして本人だけでなく、それに関わってくれる人達にも、ありました。

母の場合は、歯医者さんで前歯をイイ感じにする、ことでした。

長年、自分に時間をかけることができず、なかなか大きな工事が必要でした。

姉の薦めで通いだした歯医者さんが女医さん(45くらい)で、とっても親切だ、親切だ、と帰ってくるたびにうっとりとしているのです。

実際、私も通っていた歯医者さんなので、どんな女医さんかは知っている。

仕事はばっちりだけど、治療されてるこっちが胃がキリキリするほど緊張感のある方。。。

母には、何度も同じ説明をしてくれ、ゆっくりと、相手が理解できるように、母の要求はなんなのかをうまく聞き出してくれ、、、バスで行った際には帰りのバスの時間まで調べて、間に合うように治療してくれたり。。。

あの先生、母にはやさしいのね。。。

母は70だから、あの女医さんのお母さんくらいの年なのかしら。。。

きっとあの先生、自分のお母さんにはキツイんだろうなぁ。。。

だからうちのお母さんには、なんていうか、逆にやさしくなっちゃうのね。。。

わかるわ〜。私も、そうだもん。自分の親だとイラッとして、悪いなぁ、なんて思いがあるからか、罪滅ぼし、ね。。。


なんて、あることないこと妄想して。

ペイフォワードっていう映画がちょっと前にあって、あれ、見てないんだけど。善意を頂いた本人に返すのじゃなく、他の人にパスしていく?ってことよな?

ペイバックワードなんだろうなぁ。

チャリンコをこぐおばあさんに、いつかの母を見、がんばれ〜!って思うのは。

あの日、できなかった思いやりを他の人にする。そして自分が救われる。


次にはつながらないけど、なんとも美しいことのように思うなぁ。。。

12800167_1006491362772659_6345700731987818583_n.jpg








Posted at 16:11 | 思い | COM(0) | TB(0) |
2015.11.25

年末のスケジュール

お久しぶりです(^∇^)
年内スケジュールをお知らせさせてください。
どの会場も私の帰郷の報告を受け、それならば、と段取りしてくださった。
血の通った場所、オーナー様、共演者の方々です。
お別れする前に少しでもお話などさせていただけたら嬉しいです。
メッセージでもコメントでも、いくよーと言っていただけると喜び勇んでお席確保させていただきます。
もちろん、お店に直接でもありがたいです。


11月28日
@日暮里バー ポルト
20:00から2ステージ
MC2500円
共演者
川村 健 ピアノ・アコーディナ
柴貴子  バイオリン・ヴィオラ
※愛するご夫婦との共演です。健ちゃんにキーボードを持ち込んでもらって、
わたしも弾き語りなどさせていただきます。
残席8ほどです(;´∀`)


12月4日
@相模原ストレイ・ブルー
20:00から3ステージ
MC1000円
共演者
深田 悟 トロンボーン
志賀由美子 ギター
※深田さんとの出会いは3年も前になるのですが、三年経ってまたセッションで出会ってもその音が音楽しまくってるもんだから、あれ?この人、あの時の?ってなるような素晴らしい方です。ご好意で誘って頂きました。志賀さんとは初めてです。楽しみ✧


12月6日
@江古田Vieill パン屋さんであり、ギャラリーです。
15:00から2ステージ
MC3000円
共演者
小林貴子 ヴォイス、ヴォーカル
小宮哲朗 チェロ
大山哲司 スペースプロデュース
※私の声をもう一度把握させてくれたヴォイストレーナーであり、愛する声の持ち主貴子さんとの初共演、聞いただけで悶絶するチェリスト小宮さんとの初共演、みんなの表現したい!という気持ちを叶えてくださる店主、大山さんとで実現する、一度きりの特別な夕べです。残席あと3席です(;´∀`)

12月12日
@南柏M'sBar
19:00からゆるゆると
MC投げ銭
共演者
Tack ベース
海老原麻生 テナー
城本千晶 アルト
なみえはソプラノ
※アカペラグループThe Cycle of Fifthでのライブです。
失敗を重ねたり、改良アイデア出し合いながら、声も人も馴染んだグループなのです。ライブとしては30分程度で、あとはみんなで飲んだり、オープンマイクで一曲ご披露いただいたり、賑やかな夜になれば、と思ってます♫

12月18日
@日暮里バー ポルト ※東京ラストです※
20:00から2ステージ
MC2000円
共演者
下梶谷雅人 ギター
※お店についても、しもかじさんについても、ことばにならないっす。
いつものように始まり、いつものように会話しながら一夜過ごす日、かな。
このような日程になっております。



みんな、いつも受け止めてくれてありがとう。
Posted at 14:22 | ライブ情報 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。