FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.04.07

キ ノ メ ド キ

しばし、病んでいました。

いや~、なかなか!_| ̄|○

風邪も長引くし、ご飯も美味しくないし、なにもしてなくても、なんというか心臓を雑巾のように絞られたような気分で…
息も浅く、はぁ、ふぅ、となんだか焦ったり。
猫ならばたぶん、自分の調子が悪い時は部屋の隅っこでじっとして、余計なことを考えず滋養するのだろうけど、人間て、変にものを考えるので、痛くもない腹を探ったり、とっくに治っている古傷が疼いて見たり、心までなーんだかマイナスの方向に行ったりなんかして。

気づいてみると、この時期、鬱々としているのは私だけではないみたい。

そ、そういえば、去年の今頃も同じような現象があって、おじいさんにいわれたんだ。

木の芽時

きのめどき?このめどき?

文字通り、植物が芽吹く春先、人間は寒暖差やライフスタイルの大きな変化にストレスを受け、体調や心身に負荷をかけているらしい。

寒暖差で大変なのは木々も同じ。
そんな時に彼らは体にエネルギーを充満させて花や芽を世に出すんだな。


昨夜はそのことについて考え、こりゃ仕方が無いと、夜中、マイケルジャクソンの歌を歌って一人ドキドキして過ごした。

きっと木々があれだけの花を咲かせるために、根っこから地球のありとあらゆるエネルギーを吸い上げているに違いない。桜並木のすぐそばに生息する私のエネルギーもきっと吸われている。

だからこの時期、もろにその影響を受けているのだろう

fc2blog_20150407182751451.jpg
fc2blog_20150407182819b19.jpg

養老孟司氏の「自分の壁」という本であのおじいさんが言っていたのは

自分探しの旅とか、自分らしさを武器にとか、オリジナリティを出して、とか、ちゃんちゃらおかしいわぃ、ということ。

自分の中に、答えだの、真理だの、普遍的な何かがあるのではなく、無意識になってしまっている周囲との関わりというものにもっと気づくことが大事と。

このことがすごく理解できた。

自分の具合が悪いことを自分の中心に求めることも時に必要だけど、いま自分が立っていられること、しな~と倒れてしまうこと、全てまわりの事柄が許しているのだと思う。

いまは木の芽、桜の花にエネルギーを渡そうじゃないの。

たぶん秋にあれだけ私が発奮できているのは彼らのおかげだから。

調子が悪くなりやすい人はたぶんこのエネルギーのやりとりにおける、細胞壁みたいなものが穴だらけなので、たやすくエネルギーを周囲に分けてしまい、もらう方が下手なのかも。

その反対の人もいるかもね。

そして木の芽時はどう過ごせば良いのか。

やはりなにか取り込むべきか

それとも滞るものを流すか

みんなで考えよ~





スポンサーサイト
2013.12.18

萌ゆる言葉

秋葉原の男性が
お帰りなさいませ、ご主人様

に萌えるように

あたしにだって萌える言葉がある

それを言われると、猫が嬉しくって甘えたい時にゴロンとしてお腹をだしたような気分。
てへっ
となるのだ。
うふうふとなるのだ。

だからと言って、恋に落ちているわけではない。
条件反射なのだ。一種の。

だから気をつけて欲しい。
わたしと距離を取りたいときは言わないで欲しい。人しれずゴロゴロとのどを鳴らしてしまうから。

「おいで」


2013.10.30

奇をてらいすぎたなれの果て

 最近の鍋ブームは飛ぶ鳥を落とす勢い。。。。

わたしも、今日は夕方の雨のせいでぐっと冷えた外を歩いていると、今夜は鍋にしようかなぁと。

何鍋にしよう?

豆腐の買い物袋をぶらぶらさせながらの帰り道、頭をひねりました。

最近は、やれ豆乳だ、やれイタリアン風だ、キムチだ、カムサハムニダ、とお手軽に、鍋スープの既成品が多く出ています。

そんなことに頼らなくったって、おいしくて、ちょっと変わったのくらい作れるだろう、

おだしはカツオでちゃんと取って、香りのいい鍋がいいなぁ

それから焼いたネギなんて入れて。

そんでそんで、あっ!あんまり味噌の鍋って食べたこと無いかも!よし!味噌にしよう!


すべてが鍋にインされ、フタを開けると。。。。



味噌汁でした(-_-;)

嘘のようで本当の話です。


お、お釈迦様の手のひらで。

奇をてらいすぎた結果です。

2013.06.25

てわるさ



深夜のてわるさです。

これからは真面目にブログと、みなさんと向き合いたいと思います。
宜しくお願いします(。-_-。)
2012.06.11

ありのまま先生

4/21 木
くもり

「ただいまぁ」
フットから帰ってきてドアを開けると、ふわぁっとカレー粉のにおいがただよってきた。
私は、今夜はカレーかな。と思ったら、
「ジュッジュー」
と言う何にか揚げる音がしました。
台所に行ったら揚げたてでおいしそうなカレーの味の鶏肉だった。
お母さんに「たべてもいい」
と聞いたら「うん」と言ってくれました。
食べてみるとあまりにおいしくて声もでない
くらいでした。
「おいしいでしょう」「うん」
「とってもおいしい、どこで習ったの」「ほんにのってたのよ」
私は、この味をずうっとおぼえていようと思いました。


よだれが出てきそうなほど上手に書いているね。
実は、先生の家も昨日はとりのから揚げだったんですよ。
カレー味ではなかったけど。ビールを飲みながら食べたら
最高に幸せでしたよ。


先生、リアルすぎます。



4/26 火
はれ

手が、とどきそうでとどかない星
とどいたら星空のきれをとって、
私の服をつくりたいな。
ふたつぐらいとって、
イヤリングを作って、
お母さんにプレゼントつくりたいな。


ついでに先生にもひとつください。
どこかで高く売れるかもしれないから。
(ちょっと夢がこわれるような先生の返じだったかな?)


先生、大人すぎます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。