FC2ブログ
2017.08.12

忘れないでいたいこと

産科病棟の最終日、翌日退院するお母さんたちが集められて退院後の生活のアドバイスを受ける時間がありました。
初産婦さんは私ともう一人、小柄な気さくな女性、二人目出産の女性が二人、若い明るい髪の女性と眼鏡のよく笑う女性。
全ての説明が終わり、少しお母さん同士の紹介しあいっこがありました。
二人目ママさんは、二人目の子の世話に加え、一人目の子のヤキモチや赤ちゃん帰りの大変さを教えてくれました。母も子も泣きながら母乳を卒業したこととか…(二人目を妊娠中に一人目の子の母乳をあげると、子宮が収縮して流産のリスクが高まるそう)
私は母乳の心配や、体重が少ない心配のことなど…
そんななか、最後は初産の気さくな女性だったんだけど、
彼女はなかなか子供を授からず、それでもどうしても欲しくて体外受精をして、やっと授かって、そしたら今度は糖尿病になってしまって、激烈な食事制限をして出産に至り、分娩台に上がったら陣痛が止まったので帝王切開でやっと赤ちゃんに会えたそう。でも術後は糖尿病のためにモルヒネが使えず、痛みをベットで転げ回りながら耐えたそう。
淡々と話しながら、ポロポロと涙を流していた。
下から産みたかったけど、すごい可愛くて、すごい幸せ…
とポツリポツリ
そこにいたどの人もポロポロと涙が止まらなかった。助産師さんも。
下も緩んでオシッコが止められない頃だったし、悪露もナプキンしないとてんやわんやだし、おっぱいも強烈に張っていきなり「ター」としたたるのを止められなかったし、もぉ、あらゆるところから滲むのを止められなかった…。涙も。
弱っていた、とも言えるんだけど、あの空気間は独特のものがあったな。
お母さん同士の境界がとろけて、1つのスライムになって、同じ気持ちになってたんだと思う。
あの人にまた会いたいし、あの日のことは忘れないでいたい。

スポンサーサイト



Posted at 22:31 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2017.07.21

産まれました。

予定日より随分早く破水してしまい、慌てましたが無事出産出来ました。
お見舞いに来てくださった方、色々と気にかけてくださった方、ありがとうございます。

破水したのになかなか陣痛が来ず、そうかと思えば体を捻る体操をした途端、3時間で子宮口全開になり、がしかし分娩台に上がり、いよいよ本番になったら陣痛間隔があいてしまう…
マイペースな男の子なんだと思います。

立ち会ってくれた夫の手を握り潰すほど掴むこと4時間

腿の間から我が子がはじけんばかりに登場した時は「わぉ!」ってなりました。

むせぶように生きていて、私もパワーがみなぎってくる感じ!!

これから一緒に生きていけるなんて幸せです。

入院中は不思議な感じでした。
寝ていると、まるで自分が赤ちゃんになったような気分…
あと、夜中には悲しい事が思い浮かんで泣いてみたり。
戦争中に栄養が足りなくて子供を亡くしたお母さんの事を考えたり、九州の大雨の中、子供を守ろうとするお母さんの事を想像したり。
心に傷を負いながら一人で産んだ友達のことを思ったり。
先人の大きな足跡のくぼみの上をピョコピョコ味わいながら歩く心持ちです。

これから不夜城での生活が続きますが、助産師さん達のスーパー乳搾りテクニックを思い出しながら頑張ります。













Posted at 11:19 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2017.04.15

知らせ

ぷふぁー!
と優しい突風が吹く、桜の花びらが小川を埋める、反射のキラキラなのか、花びらなのかわからないくらい。
お母さん川はどうして笑っているの?ー太陽が川をくすぐるからよ(谷川俊太郎)
憧れって英語で何と言うんだろう?わからないけどわからないままにしておく。母が晴れた日に子供のおしめを干しまくった時の爽快感たらないよ、と行っていたのを思い出す。
子は男児も女児も、どうしてどうして母を光とするんだよなぁ。
年末に子供を授かりました。
八月には産まれるはずです。
体に起こる色々な知らせに驚き、ありがたがり、それを聞き逃さまいと嬉々としてじっとしている状態です。
どんな声が出るかわからないけど、チャンスをいただいたので産まれる前に東京に行き、歌おうと思います。
来ていただけると嬉しいです。
4/24(月)
@巣鴨 スタジオフォー
19:30~
クワダナミエ産前ライブ
with
川村健 Pf accorna
柴貴子Vn
みつはしようすけWb
MC2500円+1order
長めのワンステージの後、おしゃべりやジャムセッションなど企画しています。

Posted at 13:40 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2015.09.05

続 心に灯がつく



お昼の公園デビューです(^∇^)

近づくと、子猫が
ピャーピャー
(おかしゃん、なんかオバはんが怖いでしゅ!)

お母さん猫は子猫が泣くたびに
ホロロロロフロロロロ
(変なおばはんやけど、逃げるほどでは無いで)

お母さんは、わたしが近づくと、
子供が怖がるんでできれば遠慮してくれない?
みたいな顔

お母さんに休みなしです。

Posted at 19:23 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2015.08.30

心に灯がつく

春先、公園の仲良し猫のお腹が大きくなりました。
孕んだのだな。
この子、大丈夫かしらん。
とか細い背中を撫でました。
夏、熱帯夜の中、久しぶりに会う猫はもっとガリガリになっていました。
子猫の姿はなく…

あかんかったか…

とか細い背中を撫でました。
暑かろうと、膝に乗りたい彼女。

昨夜、シトシト雨の中、よる遅くに公園に行くと…


なんとまあ(´Д` )


ちいちゃいの二匹!!
よくぞここまで育てたな、お乳でたなぁ!

子猫がいても、とにかく膝に乗りたい彼女。

グッときました…

シャーシャー言う子猫をつかんで一緒に膝に乗せて

わたしも雨に打たれました。

この子がお母さん




そのお母さん



新しい曲はお母さん猫がテーマです。

9/24
銀座No bird
川村健pf
鈴木直人Gt
わたしvo
3000円
お待ちしてます。
Posted at 22:33 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |