FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.29

やさしいの奥の奥

 だれかにプレゼントを買う



それはやさしい行為なのか?



そのひとの喜ぶ顔がみれる、自分の満足か?



母に言わせれば



プレゼントってのは自分が好きで好きでたまらないものを少し分けてあげるのが本当よ



アンパンマンの「僕の顔を食べなよ」?





マイナス50点の人に対してマイナス30点のわたしが、



「大丈夫だよ、そんなの、余裕余裕」



ということはやさしいのか?



その人がマイナス10点、もしくはプラス10点に変化した時点でわたしは耐え難くなって消えてしまう気がする。



わたしがいままでしてきた、一見やさしいと思われがちな行為は自分を支えるために自分の満足のために「させてもらった」こと。



そんな自分を否定する気はないけれど、このままのやさしい、しか知らないまま終わりたくないなぁ。



やさしいはもっと桁違いのもの。



やさしいはもっともーっと強いもの。



やさしいはでーっかくて。



やさしいは時に。。。。時に怖い。



天童荒太の「あふれた愛」という本はすりすりしたくなるような本。
スポンサーサイト
Posted at 00:33 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.27

ノーコントロール

非常に腰が悪くなったため、思い切って電車通勤してみる。

理由はたくさん歩けるから。



車とは全く違う世界が新鮮☆



「新入りかぃ」



みんなの視線





一人座れるか、微妙な空席。



若い娘はツレも座れない場合、立っている。



英数学館に通う小学一年生も満員電車! 始め驚いたが、回りの人たちが気にかけている。



電車のなかでは本が読み放題。



学生の鞄はとにかく重い。武器にできそうなほど。





一番感じるのは、時間が私のコントロール下に無いこと。こちらが気にして合わせないといけない。自家用車の社内のようにプライベートスペースでは無いこと。



懐かしい。学生時代は当たり前だったのに。少しの苛立ちと新鮮な気持ちと温かさがある。



朝をみんなで「朝~♪」と体感している感じ。

「疲れたぁ~(>_<)」とか「雨に降られたぁ~(>_<)」とか。



わりと良いです♪
Posted at 22:14 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.25

かぐわしい文体2

たとえば算数の問題で



「答えは3なんだけどさぁ」



と言いながら説明する先生は残念だ。



先生は生徒をワクワクさせてなんぼだと思います。





かぐわしい文体



ふっと漂って



「あら?」



「なんだろうなんだろう」



「あれかもな、あっあの時の」



なんて



思いを巡らせる余地をあげられる文体



そのひとつに比喩がある



歌詞のなかに「あらっ」という比喩が登場すると



「どゆことどゆこと」とぽわわわわぁーんと頭のなかでピエロやヒロイン等登場する。



それが大事だと思うんです。





昨日は人生の方向を決めている人の演奏と、まだ悪あがきしている人の演奏を聞いた。



両方あってイイネ☆
Posted at 22:15 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.23

かぐわしい文体

 すんばらしい桜のような梅のような木をみつけた。



写真をとったけど、その色の魅力が伝えられるような写真はとれませんでした。



若い葉の黄緑

淡い桜の花びら

濃い梅のようなピンク



うまくいえないけど。





山田詠美さんは『泣かない子供』という短編集のなかで、



絵はその小さな花のさりげなさ、可憐さを過不足なく見る人に伝えられるのに、

小説家は思ったことをそのまま書くと、とても仰々しいごてごてとした花のように表現してしまう

そこがむずかしい、読み手に感じさせる文章ってむずかしい。

ゆいいつそれをやってのけた小説家がひとりいる。



というようなことを書いていらっしゃった。





たとえば匂いのように



放つけれど



嗅ぐかどうかはあなたの自由



どう感じるかもまったくあなたにゆだねます。



そんな文章て素敵



まして歌詞にはとても欲しい。



欲しくて欲しくて、とどかない。



雨の多い国は本がよく売れるだろうねーーー。
Posted at 12:05 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.19

うっとなる

どれだけ我慢すれば許されるんでしょう。



だめだよ。自分が可愛い歌しか歌えないんじゃあ。





どれだけスウィングすればあなたは踊るのでしょう。



ダメだよ、私が心踊っていなくては。





よく生きる

よく食べる

よく寝る



私たちの役目
Posted at 23:22 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.19

Chocorate mama

ママはママになった瞬間からずっとママ。



日曜日もママ



友達とお茶していてもママ



道でスっころんでもママ



頼りなくてもママ



持病があってもママ



社長でもママ



たまにはママ、ママのリュックをおろしてあの頃の女の子に。



ママのママはとっくに子供のようになって、いろいろひっくり返ってしまっているから。



たまにはママ、チョコレートもらって泣き止んだ女の子に。



明日からのステップが弾むように



明日からの笑顔が弾むように



チョコレートママだきしめてあげる



チョコレートママなでなでしてあげる



チョコレートママ何もかも溶かしこんで







それってママだけかな?



違うだろうね。



オトナはみんなかもね。



チョコレートのスペルあってんのかな?




Posted at 15:29 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.18

Life is

Life is no cut

Life is no collected

There is no true

No doubt

No wrong





完璧な球体を目指すのが二人の仕事じゃない



二人はグニャーンとなって朝も昼も夜も暮らす。



なぜあなたは直径20センチの円じゃないの?私は直径20センチの円を目指してここまで形を整えてきたんだから、あなたがそれじゃあ困るの。



もっと二人はグニャーンとなって山も川も二人で超える



あなたのヒビワレにも、グニゃーんと染み込みグニゃーんと補修





手で押してみて、つかみところがないのもつまらない。

肩まで手を突っ込んだら、指先に核のようなものに触れたらいいなぁ。





人生はノーカット

人生は無修正



正しいも

真実も

間違いも



Life is
Posted at 00:42 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.11

アングル





ヤフーのトップに掲載された写真です。



タイトルは



『思いでは流れない』



と書いてあった。





思い出の写真が流れてしまった人も



この他人の卒業写真



あの他人の入学写真



関係ない人のピースに



ほほえんで、泣いて、



自分に近いしい人と重ねてみては何かを持ち帰るんでしょう。



こうなる前には



各人の家で眠っていたとてもとてもパーソナルな写真が



こうなってしまった後には



多くの人の、なにか大切なものになってしまった。



小さな子供たちも、



多くの人の、本当に大切な存在になってしまった。



生き残ったか弱い木も、



多くの人が守るべきものになってしまった。





それについて、どう感じたらいいのかわからないけど、



とりあえず写真には聞きたい。



今の気持ちを。
Posted at 08:42 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2011.04.05

枠と青春

 今朝、どうして泣けてきたのかわかりません。



おぼつかない手元で、自分の編んできたものがあるんだけど、



それがなかなか、他の人のと合わさると、もつれてしまいました。



いらいらしたり、かっとなったり、誰かとうまくやっていけないことが悲しくなったり、



でも折れてはいけない筋もあったり、相手の思いもわかってしまったり、



疲れたり、踏ん張れナミエ!と思ったり、



今の自分の枠、わく?みたいのがあって、理路整然と理想の形にしているつもり、



だからはみ出たものはOUT



受け入れない



でも、どこかで



ひろげれるものなら広げたい



どんな言葉が、



誰が、



この四角形をグニャリとしてくれるんだろう?



してほしいような、でもいざとなるとグっと硬くなっちゃいそうな。。。。





結局、わたしはこういうことにしました。



世の中、すべてが理路整然といくことではない。誰かと生きていくってことは、グニャリ、とならないといけないときがある。むしろかなりの場合、ぐにゃり、としていないと、ほとんどの縁の糸を切らないといけないことになる。



今回は、問答無用で、とにかくグニャリ、となってみようと思います。



その先に、あたらしい枠わく?ができあがるかもしれないし、



さらに強力な、しかも同じ形の枠になってしまうかもしれません。





わたしは以前、何かに



人は中指立てるタイミングをみうしなったときから老いが始まる



なんて書いたんですけど、それは今となっては、わかりません。



今は



人は自分の枠の形を変える努力を惜しまないうちは青春中である。





・・・なによ
Posted at 08:12 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。