FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.29

(無題)

仕事を仕事にできる人

仕事を仕事以上にできるひと



つまづきをスルンと避けられる人



つまづいた小石を見つめてうづくまる人


スポンサーサイト
Posted at 23:56 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.28

OL一句

花びらと



風に舞うゴミ



見間違え



笑ってつぶやく



私は違うと




Posted at 14:07 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.27

くも(八木重吉)

くも



雲のある日

雲はかなしい



雲のない日

空はさびしい
Posted at 22:57 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.23

八木重吉

八木重吉の詩

に最近やられっぱなし。



かんたんですかすかな詩なんだけど、読む人の「こころあたり」てやつに当たりに来る。



心の中のゴミ箱にいれちゃったような感情やかたっぽしかない靴下のような感情をくすぐっているような



なかなか書店にはないようで。アマゾン買いですわぁ



彼の詩にメロディ付けて歌いたい



すでに「雨」という作品は歌われている。
Posted at 23:40 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.19

寄り添う

励ますというのはなかなか。



自分の人生経験で得た言葉があって。

それが各自の引き出しに入っていて。

いま一番合っている引き出しから出して渡す。

薬剤師?

しかし今回はどうやら私の薬はどれも役立たず。会社の上司なんだけど、雲の上過ぎて。



薬がないなら手当てを

文字通り手を当てて体温を伝える



ひとりぼっちだなんて思わないでねと。

これしかできんでごめんねと。





結局「あなたはアンパンマンだから、人に顔をあげすぎて強敵に負けただけです」



という血迷ったメールを送って今後悔。


Posted at 00:14 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.16

せいたかのっぽ

チビな子



遠くが見えない



今を生きられる



ノッポな大人



遠くを見渡せる



見渡す限りに絶望が見えるから…。



世の中にはおとなとごめん
Posted at 23:44 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.11

愚かなセーター

 今日はこんな感じでした













震災イベントのライブ会場に大きな絵を書いて持ってきてくれた人がいました。



実はとっても有名な方のようです。





この野球部は、震災で学校が流されて、仙台育英高校と合同練習をすることになったんだけど、

甲子園常連校との練習はとてもかたみがせまく、情けなかったんだって。

でもとってもあかるい三人組だったので描いたそうです。













この人は船長さんで、3/10に2億円の船を買って…流されたそうです。













孫と一緒に描いて、と頼まれることがとても多かったそうです。















粉塵をふせぐための、マスク。。。たしかにあのころTVに映る被災地の人はみんなマスクをしていたね。















福島の女性と結婚してはいけない、なんてブロぐに書かないで!と何度も何度も行っていた女性













飲み屋が軒並み流されて、酒好きな彼は探しに探した飲み屋で飲んでいた時、画家さんに出会ったそうです。



















被災地復興支援のチャリティーイベントが終わりました。

10箇所の福山の会場で演奏会がありました。

こういう絵が飾られたライブハウスもありました。

いそいそと会場設営を手伝う演奏者。

その時間うーむ、と選曲を考える演奏者。

会場で販売するCDをカバンに詰める演奏者。

と同時に別の会場ではライブの真っ最中だったり、

ちょうどその時間、フラダンスが最後の演目に入っていたかもしれない。

もしくはいわき市で屋台を手伝っちゃっているようなプロアクティブな演奏者。



こんなにも不揃いに一枚のセーターをてんでばらばらに編んでいるなんて、人間ってほんとに愚か。

でもこの絵は美しいな、と。ってことはてんでばらばらでいいんじゃないか、とか、ラストにまとまりなんて、いらないんじゃないか、てんでみんな好きに感想を言って終でいいじゃないかと思いました。





金子みすずさんの詩で「みんなちがってみんないい」とあるけど、それを理解するのにやっとこの歳。。。





私は、歌いました。。。

その日が近づくにつれ、歌うより、助けになることって、むちゃくちゃあるんじゃない?という思いとそれは逃げだ。という思い。ふらふらと揺れていました。答えがいそいでも出ない、結局出ないかもしれないのが人の営みかもな、なんて。急遽司会進行をやり、心が反復横跳びをしていたため、歌に入れるかしら、と思っていたけど、いっちゃんのイントロでシュルる、と入るところに入れました。これだから彼女はすごい。牧師さんも牧師さんならではのいい味ギターで、これじゃなきゃスマイルにならんな、というスマイルになりました。リョウヘイさんも繊細な繊細なギターを弾いてくれて、音量も、さすがでした。



ひとつお礼が言いたい人がいて。

ムスっとした顔で言葉はかわせなかったけど、来てくれてありがとうございました。私の暗いところ、あなたの暗いところ、いつも波長がにているんでしょうかね。あなたはいつでも私の理解者です。ありがとう。




(このブロぐ見れくれてなかったりして・・・。)




















Posted at 23:47 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.04

今の日記

 



女の子に猫のノートをあげました。



気に入ったらしい。。。



長女は「何書けばいいん?」



大人の押し付けかなと思いながらも、



「ハッ」としたことを書いて、と。





長女の最初のページにはタイトルらしく



「今の日記」





さすがです。







3/11にやる曲をいっちゃんと考えた。



教会で。



兄弟げんかの中。



牧師さんも。











なかなかナイーブな事柄です。



time after time



じつはぴったしの内容だった。英語であるってことはすこし聞き手にすきまをくれる。英語の曲をいれたかった。



シンディローパーという人にいまさら心惹かれている。





スライドギターでひとりうたいあげる大股開きがぐっとくる。





いっちゃんもわたしもおもいついたのは



Smile



いっちゃんは訳詩をイイといっていた。昔は一枚一枚訳詩を書いていたんだな。少し軸がずれた自分がいた。でも戻れなくもなさそう。





牧師さんがギターを弾いてくれた。いっちゃんがピアニカ。



ひだまりのおと



ってかんじ



「詩を理解しないとね」牧師さんがいった。





中身のある音楽ってこういうもんだろう。







いれものが綺麗なからっぽ



100円タッパーの中身はひだまりのおと



生きれていない金持ち



水を得た貧乏な魚





3/11、言えることはたぶんないと思います。

そのかわり歌を6曲用意しました。

一生懸命心の修行をしますから

私の体から

いっちゃんの体から

牧師さんの体から

なにかしら出ると思います。

3/11を大事にしたいと思う人の心に沿えるものであればと思う。





福山東教会



この教会で私は四時ころからやります。



イベント自体は二時ころから。



チケットは3枚もってます。

欲しい人教えてね☆

Posted at 22:42 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.01

冷静と情熱の間

きらいな課長の男泣き



良くも悪くも感情的

嫌悪が受容に変わるとき



いとしいいとしい日々と思えました。
Posted at 21:20 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。