FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.31

さういふ笑ひは僕には困る 高見 順

そういう笑いに僕は困る

  そういう笑いに僕は困る
  見知らぬ女の背から見知らぬ幼児が僕に笑いかける
  僕も笑い
  僕は泣きそうになる
  あんまりこの世にははそういう笑いがなさすぎるから
  あんまりこの僕にはそういう笑いが
   恵まれなさすぎるから
  そういう笑いに僕は困る
  天使の微笑に他ならないのだから
  そういう笑いはうれしすぎ
  そういう笑いは僕を苦しめる
  ここで僕が心のままにわあわあと
   泣きだすことができたならばいいんだが
  泣いては幼児を泣かせてしまっていけないし
  僕も人がいっぱいの電車の中では泣けもしないから
  僕は笑いつつ苦しくて困る
  そういう笑いに僕は困る

(高見順「樹木派」より)

そういう笑いに困る時と、あっけらかんと変な顔できちゃう時があるよなぁ。

そういう笑いに泣きそうになるであろう友達の顔と、もっと笑い返せる開放的心の友達の顔がうかぶんだよなぁ。

この詩は『あなたのこころの形、さわってみたらこうなっているよ、いいじゃん、ちゃんとありのままを保ってね』って言われてるみたい。そつのない球体であらねば、と知らぬ間に凹凸をねんどで埋めてしまった自分に、本来の凹み出っぱりを再認識させてくれる詩。

この作者の高見さんはガンでなくなりました。昭和40年に。

病床ではこんな詩も。

『愚かな涙』

耳へ
愚かな涙よ
まぎれこむな
それとも耳から心へ行こうとしているのか

寝ていると、涙がスーっと耳に入ってしまった経験がありますか?わたしはあります。
それを、涙がそうしたかったかのような。涙の訴えを聞いて欲しがっているような。
あの、経験、ワンカットを、そんなふうに切り出せるとこがすごい。
日本人で良かったと、おもうわけです。

おやすみなさーい。
スポンサーサイト
Posted at 23:14 | | COM(0) | TB(0) |
2013.01.29

絵を描くこと

猫

この絵を描いていると、

どうして白から描き始めるのか

という疑問がわいてくる。

だって、この写真、ほぼ白じゃないんです。
どっちかというと、グレイオリーブというか、
ほら目を細めてみてください。
よっぽどグレイオリーブに塗りつぶした紙に書いていったほうが早いよ。


なんで白からスタートするんでしょうか?

音楽は無音からスタートしなきゃダメ?

絶対?

Posted at 23:32 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2013.01.28

I was taught by 吉野弘

吉野弘さんの詩は小学校の教科書以来でした。
おそらく同世代の人はおぼろげながら覚えてらっしゃるんじゃないでしょうか?

I was born

とか、

夕焼け

とか。


今日読んだのは詩の編集本ではなくて、僕はこんなスタンスで詩を書いてるんだ−という裏話。
逆に、これがとっても面白かったです!
毎日に転がっている!?ということを一旦もぐもぐ食べてみて、吉野さんの視点に変えて、また体から生み出す。
その過程が、とても細かく書いてありました。

たとえば、
あるときは取材で出会った全盲の少女に『朝の通勤大変でしょう』
と労りの声をかけると
『大変は大変ですが、周りの者にぶつかりながら参りますから大丈夫です。』
『ぶつかりながらですか!』
僕はぶつかることが嫌で、雑踏をうまくすりぬけることが上手だ、くらいに思っていたのに、彼女の『ぶつかる』にたいする信頼感と、ぼくのそれには、なんて大きな違いがあるんだろう!
そして『ぶつかる』ふれることで世界とつながっている彼女とくらべて触れることを避ける僕はなんて孤独なんだろう

このことを詩に書き表したいと思い、何度原稿を書いたか、結局未だにあの感嘆をうまく作品はいまだにできていないそうです。

まだできてないことまで書いてくれちゃっています。奈美恵なんてひとつもできていないけど、でも、私は吉野さんに近いような気がして嬉しく思いました。


ほかにも、植物学的なことですけど、こんな事実にビックリした、とも書いてありました。
『茶に花が咲いているのは肥料が足らない信号で、肥料をたっぷりあたえると、茶の木は満足して花を咲かせなくなる』
そして、そういう茶の木は種で増やしていくと変種(雑種?)ができることがあるので、確実な方法として挿し木のように木の一部を折って、増やしていくらしくって、その場合、花になんの意味もなくて、逆に栄養をいっぱいあたえて成長させる方法をとるそう。
肥料満点で栄養繁殖で成長することを栄養成長
花を咲かせ、種子繁殖で成長することを成熟成長
っていう分け方をしているそうです。

花を咲かせる、種を落とすっていう成熟は次に繋げるということでもあり、自分の死が近づくことでもあり。
男女の成熟や成長を思わせます。
それにくらべて肥料たっぷりの花を咲かせない茶の木は対照的。
吉野さんは、それを知って、自分が老いていくことや、腹ペコなこと、、そういう事が清々しく感じられたそうで、これも詩にしたいけど、自分が理屈っぽいせいか、なかなかまとまらない。言葉って難しい…。と書かれてました。


この疑問、
なんで?
どうして?
まるでなになにみたいだね!
それがそういうことなら、じゃあこれはこういうこと?!

疑問ってなんてたくさんの詩を作ってきたんやろか…。
詩人は日々の!や?を昇華させて作品を作るんだなぁ、わたしもそうなりたいっと思いました。


最後に『I was born』をご紹介します。


 確か 英語を習い始めて間もない頃だ。

 或る夏の宵。父と一緒に寺の境内を歩いてゆくと、青い夕靄の奥から浮き出るように、白い女がこちらへやってくる。物憂げに ゆっくりと。

 女は身重らしかった。父に気兼ねしながらも僕は女の腹から目を離さなかった。頭を下にした胎児の 柔軟なうごめきを 腹のあたりに連想し それがやがて 世に生まれ出ることの不思議に打たれていた。

 女はゆき過ぎた。 

 少年の思いは突飛しやすい。 その時 僕は<生まれる>ということが まさしく<受身>である翻を ふと 諒解した。僕は興奮して父に話しかけた
---やっぱり I ws born なんだね---
父は怪訝そうに僕の顔をのぞきこんだ。僕は繰り返した。
--I was born さ。受身形だよ。正しく言うと人間は生まれさせられるんだ。自分の意思ではないんだね--
 その時 どんな驚きで 父は息子の言葉を聞いたか。僕の表情が単に無邪気として父の眼にうつり得たか。それを察するには 僕はまだ余りに幼かった。僕にとってはこの事は文法上の単純な発見に過ぎなかったのだから。

 父は無言で暫く歩いた後、思いがけない話をした。
--蜻蛉と言う虫はね。生まれてから二、三日で死ぬんだそうだが それなら一体 何の為に世の中へ出てくるのかと そんな事がひどく気になった頃があってね--
 僕は父を見た。父は続けた。
--友人にその話をしたら 或日 これが蜻蛉の雌だといって拡大鏡で見せてくれた。説明によると 口はまったく退化していて食物を摂るに適しない。胃の腑を開いても 入っているのは空気ばかり。見ると その通りなんだ。ところが 卵だけは腹の中にぎっしり充満していて ほっそりとした胸の方にまで及んでいる。それはまるで 目まぐるしく繰り返される生き死にの悲しみが 咽喉もとまで こみあげてるように見えるのだ。淋しい 光の粒々だったね。私が友人の方を振り向いて <光>というと 彼も肯いて答えた。<せつなげだね>。そんなことがあってから間もなくのことだったんだよ、お母さんがお前を生み落としてすぐに死なれたのは--。

 父の話のそれからあとは もう覚えていない。ただひとつの痛みのように切なく 僕の脳裡に灼きついたものだった。
--ほっそりとした母の 胸の方まで 息苦しくふさいでいた白い僕の肉体--。


--現代詩文庫:吉野弘詩集:「I was born」より--


ちなみに今読み返してみると、恥ずかしい、んだそうです(笑)
http://www.amazon.co.jp/詩のすすめ―詩と言葉の通路-詩の森文庫-103-吉野-弘/dp/4783720037/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1359375746&sr=8-1
Posted at 22:00 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2013.01.19

欠けたお皿と夜の月

 白い皿 声もない
まばたきもない 欠けた皿

台所 水の音
ポタリポタリ 風も動かない

君が来る 僕のそば


ぎざぎざだね
なだらかだね
こぼれおちそうだね

指でなぞる 僕をたどる
心やどる 声がやどる

窓があいて 風ゆれるカーテン
月が照らす 欠けたお皿
月が照らす ふたつのお皿




誰かを失って本当に傷ついた人
愛されるべき人に心底きずつけられてしまった人

そういう人に一番効くことってなんなんだろう。


ずっと求めていた答えを、ある本で見つけた気がしました。

天童荒太の『永遠の仔』

書き表しきれない虐待をうけた優しい脆い女の子。
わたしさえ言わなければ、家族はいつも一緒に、弟もさびしがらせないですむ
わたしが悪い子だからそうなった?
わたしは汚いのでは?

深い暗いところに潜っていく心をすんでのことろで光をあてたのは
同じ境遇の子どもたちでした。
まず言える相手がいること
その欠けた、ギザギザを、ただ認めてもらうこと
だから、相手の欠けの想像がつき、懐にいれてもらえること
同じ背の高さであること

同じであることがどーしてこんなに熱を起こすのか、わからないけど、
同じであることってすごい。

ということはわたしになにができるんだろう?

自分の働きかけによって、目に見える効果を求めていること自体、エゴですね。


永遠の仔は本当に長ーーー−いお話だったけど、天童さんの小説
Posted at 22:05 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2013.01.14

たまには待ってみる

君はともだち**☆

you've got a friend
っていう歌があります。
上のはまったく関係ない動画ですけど、
you've got a friendみたいな動画。

わたしは犬が好きなので、見つけたらすぐに、どうやって友達になるか、犬に触れるかアプローチします。
でも、たまには、じーっっと、動画のように、ジーっとすごしてみると、犬がどうしたいか、初めてわかるものですね。犬の思いを感じる前に、自分の思いで行動していたけど、
動画の犬は、マジでこの男の子と触れ合いたいんですね。

いいなぁ〜☆
Posted at 22:35 | 日々の歌 | COM(1) | TB(0) |
2013.01.08

新年あけましておめでとうございます☆

 2013年ですね☆ 素数でしょうか?2013って。

今年もよろしくお願いします。
ブログの更新を頑張ります。

限られた時間をキリっとてきぱきと家事したり、
節約や自炊
でも音楽にはガツっと費やす。

きっと福山にいたころから欲しかったのは、メリハリ

メリハリだったんだと思います。

年末年始は広島で楽しく過ごせました。
母も随分元気です。
自分の選択は正解だったんだと思います。

そして東京であらたな人間関係ができてきました。


すべて順調のように見せかけて、、、
そんなうまい話はありません。
一歩歩けば選択をせまられる毎日のように思うし(;´∀`)


でも、今はエネルギー満タン!


ライブ情報です。

1月12日(土)
@大宮Jam 20:00〜増田さんgt 2500円

1月25日(金)
@飯能ebisu 20:00〜後藤さんgt 根岸さんft 投げ銭

1月27日(日)
@大宮jam 15:00〜 セッションホストしてます。参加される方は1500円

1月30日(水)
@上野 Every Swing 20:00〜三原さんPf 投げ銭

2月8日(金)おすすめ☆☆☆
@日暮里Bar Port 20:00〜前原さんgt

精一杯歌いますのでぜひお越しください♪
Posted at 22:24 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。