FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.24

ポルトから音が生まれる

みなさんは、どんな酒宴をされていますか?

家族と?
会社の忘年会?
親戚と?

人生の酒宴の中で、本当に心が解き放たれて、好きな人ばかりと、お酒に頼らない心のおしくらまんじゅうを楽しめていますか?

私はまだ人生で二回しかありません。

一回目は地元の友達と銀杏と焼酎を飲んだ時、『ぁあ!幸せ〜』と思わずこぼれました。

なんと、二度目は昨夜のポルトだったのです。

マスターの伊藤さん、ギターの前原さん、常連のお世話になっている写真家さん、マスターの旧友の美しくておだやかで感受性の強い女性が二名、品川からわざわざきてくださったお客様。。。

わたしが話に加わっていたわけでもない、でも、不思議なことに挙手をして『はい!きいてください!わたしいますごい幸せ感じました!』といいたい気分でしたが我慢しました。

そのマスターの旧友の女性二人というのも、なんと、音信不通、連絡先もなくして10年ぶりの再会だったんだそうですが、まったくそんなふうではなく、相手が音楽を聞いて、泣きそうになっているのもわかってしまうくらい、近い心のおふたりでした。

言葉では難しいのですが、波長がしっくりくる人たちの集まりだったのかな、と思います。
他愛ない話をポルト・ワインを飲みながら、心からリラックスして過ごすことが出来ました。


ライブが始まる前、マスターの話を少し聴くことが出来ました。

ほんとに音楽を聞きにきてくれるお客様に来てほしい

それがマスターのゆるがない軸だと感じました。知名度のある取材は受けないし、いっぱいの金額だって安くない。それはすべて、その揺るがない軸のために8年変えずに来られたんだと思います。
でも、昔はお客様が少ないことをすごく気に病んで、折れそうになってたのを前原くんが助けてくれたんだよ。と。
数回ライブをさせて頂いて思うのは、前原さんは決して明るくは無いです。華やかでも無いけど、迷いがないな、と感じます。

一日がすぎ、お風呂に浸かりながらそれを考えていると、二人のコントラストが見えてきた気がします。

伊藤さんは美しい花のことを知っていて、これじゃなくちゃ、というこだわりがあり、おおらかに朗らかに、その花を追う人

前原さんはどんな灰色の景色の中でも、小さくても花を咲かせられる人


ポルトは今夜も根拠のある音が生まれていると思います。

最後になりましたが、23日、お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。
ポルトでのライブは少し間が空きますが、また歌わせていただく際はお知らせさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト
2013.12.24

胃痛に学ぶ

あけましておめでとうございます♫
本年も何卒宜しくお願いします。

実家でずいぶんのんびりと過ごせました(^∇^)



トラちゃんと黒ちゃんも相変わらず仲良しです(^_^)

実家で貴重な体験をしました。

お休み中に胃を壊したのです…。

友達は心配してくれて、まだ治らないの?まだ治らないの?
と心配してくれました。
でもそれは、患っている側からすると、申し訳ない気分、まだ治らないと落ち込む気分、焦る気分になってしまって、よく無いということに気づかされました。
「ゆっくり治さんといけんなあ」
と言われると、ホッとします(^_^)

人の気持ちは測りきれないもの

母は慢性的に胃が悪いので、声のトーン、食べ物に気をつけなければいけないのですが、姉が無頓着に、1.5リットルのオレンジジュース、国民的清涼飲料水のなっちゃんを買い、母にあげたのです。
母は激昂し、
こんなの飲めない!
と怒ると言うか、嘆くと言うか、

あまりにしつこいので、
人の親切にそれはないわ!
と怒る私、

そーだそーだという姉

「一緒に飲もう」の一言があればこんなことにはならなかったそうです。

相手の気持ちが分かりたいなら、
人の気持ちは分かり得ないということをよく理解し、もう半分ほどの大きさに心を砕く必要があるな、と考えさせられる、些細な出来事でした…。
Posted at 12:32 | 思い | COM(0) | TB(0) |
2013.12.23

最近の前原さん

さて本日は12月23日

日暮里バーポルトにて前原さんとのデュオです!

やさしいサポートをしてくれる前原さん

このあいだ、ご自宅にリハーサルに伺った時、スマホの充電が亡くなってしまったので
『前原さん、一応、ダメ元で聴いてみるんですけど、どっかUSBさせるところないですかね?』

『あるわけないじゃん、そんなの!』

ちょっと古風な前原さん

『なんか、わたし的にはクリスマスって資本主義のどうとかこうとか…。』

『そう?おれなんか、カップルがツリーの下で仲良さそうにしてるのを見るとあぁクリスマスだなって感じで楽しめるよ』

以外なところでピュアな前原さん

そんなギタリスト前原さんとの年内最後のデュオです!

でも、たしかに部屋でI'm dreaming of a white chistmas~と演奏が始まると、もこもこのセーターやあったかい暖炉が目に浮かぶので、音楽ってすごいですね〜♬


あったかく、ほっこりとゆったりと、この夜を贈り物にしたいと思います。

ふらっとお越しくださいませ(∩´∀`)∩
Posted at 13:36 | ライブ情報 | COM(0) | TB(0) |
2013.12.18

萌ゆる言葉

秋葉原の男性が
お帰りなさいませ、ご主人様

に萌えるように

あたしにだって萌える言葉がある

それを言われると、猫が嬉しくって甘えたい時にゴロンとしてお腹をだしたような気分。
てへっ
となるのだ。
うふうふとなるのだ。

だからと言って、恋に落ちているわけではない。
条件反射なのだ。一種の。

だから気をつけて欲しい。
わたしと距離を取りたいときは言わないで欲しい。人しれずゴロゴロとのどを鳴らしてしまうから。

「おいで」


2013.12.14

銀杏並木と夜の音楽

575325_555753914513075_1334905201_n.jpg

三鷹『unamas』でのリーダーライブ、無事終了してしまいました(-_-;)

あぁ、ずっと音を奏でていたいメンバーに出会ってしまいました。


1470137_555753954513071_670652461_n.jpg


川村健ちゃんの針のような、真綿のようなピアノ

荻野くんのしっとり空気をたっぷり含んだギター

角田くんの遊覧船がゆったり進むようなウッドベース


みんながお互いの音をよく聞いて、音が紡がれる。

窓の外には黄金の銀杏。

おしゃれに着込んだお客様。



1459061_556175731137560_1498416569_n.jpg


『秋に捧ぐ』という曲では、バイオリニストのトラちゃんも初登場!


もっと素敵な曲を作っていきたいと思います。

きてくださった皆様、本当にありがとうございました!

そしてこれなかったけど、気にしてくださった方々、

いつもありがとうございます。

またお会いできる日を楽しみにしています。



※おまけ

ライブ行けないけど、頑張ってね!と応援のオブジェをつくっていただきました。
マジで嬉しかったです。
小さな紙に励ましの言葉がたくさん書いてありました☆
1450970_555532021201931_1709325499_n.jpg


2013.12.06

いよいよ!本日( ´ ▽ ` )ノ



いよいよ本日、うなますライブです♫
とても楽しみ♫

銀杏並木も、きっとこんな感じかな?



いつか、こういうメンバーでこんな感じでやりたいなという構想がやっと叶います(^_^)

さっき公園で、良からぬモノを踏んでしまいました。

良いウンであるよう願います( ´ ▽ ` )ノ





皆様のお越し、お待ちしてます!
Posted at 07:58 | ライブ情報 | COM(0) | TB(0) |
2013.12.01

大学についての大きな勘違い

同志社って、すごい大学なんですね。敬意を表したい。

維新後設立された私立大学 同志社 の父、新島襄。

キリスト教も教えるということでたくさんの困難、迫害があったが、いのちを削っての募金資金集め。

当時、すでに東京大学があったけど、それは日本の政治家にとってウマイこと動かせるような思想を植え付ける教育と、国にとって利益のある学問をおしえる、偏ったカリキュラムだったため、襄は、学生に自由に、広く勉強させるべき、と私立大学の設立に苦心した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/新島襄


うーん、NHK『八重の桜』を見て、同志社の学生をうらやましく思いました。

そして、今の時代って、本当に間違っていると思いました。

志をもって学問をまなんでいる、っていうことが素晴らしいのであって

昔、そんな志があったから、この大学はある、ということに感銘を受け、行きたい、と思って受験勉強することが素晴らしいのであって

この大学を出ておけば、将来が安泰だ(さすがにもうこの考えも古いのだけど)とか

ほう、この学生は〇〇大学出身か、なら採用しよう、とか


なんかもう、ひっくりかえりです。

大学構内にある、ひそっりとした銅像の人物たちが、過去、どれほどの熱意と愛と勇気でもって、今ある大学の原型を築いたのかも知らないで、

わたし恥ずかしい。。。。


高校二年生にこういうことを知りたかった。

そしたら行きたい大学はきっとあったろと思う。

今ある、一つ一つに先人の産みの苦しみがあること。

このことは生きていく上で随所にあることで、だから歴史は良く知るべきだと思います。







Posted at 20:49 | 思い | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。