FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.30

青いところに向かう

ふるさとに向かう最終に乗れる人は急ぎなさいと、
優しい、優しい声の駅長が街中に叫ぶ。
振り向けば空色の汽車は
いま ドアが閉まりかけて
灯り灯る窓の中では
帰り人が笑う

走り出せば まだ間に合うかも
飾り 荷物を 振り捨てて
街に 街に
あいさつを…
振り向けば ドアは 閉まる


年末に中島みゆき様の曲を歌わせていただいた。
じっと机を見つめ、泣いている人がいた。

その人はお店からでて、何処かに行っていたのだと思う。過去か、誰かに会いに行ったか。

その人は心の中の青を訪ねに行ったんじゃないかと思う。

気さくで明るい、その心の青いところ。
昔につくった、青いところ。
消えずに残っていた青いところ。

中島みゆき様の「ホームにて」は、彼に、その青いところを思い出させたのだと思う。

良かったのか、悪かったのか。

音楽には、その心の、いろんなとこにいざなう能力がある。
中島みゆき様は知ってか知らずか、その能力を引き出すことができる。

驚いたことに、言葉のない歌でも、その能力を引き出す人がいる。
いや、言葉がある、ない、とそこで区別すること自体無意味がもしれない。

中島みゆき様に敬意を表したい。

そして、その感受性の強い聞き手、青をお持ちのその方の前で歌わせていただけた幸運に感謝したい。
歌い手が水を得るのはそういう時だから。


スポンサーサイト
Posted at 10:44 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2014.01.29

何も書いてない?



図書館の本

美しい装丁もなし、開けば当然うごめいているであろう、あの無数の蟻がいない。

まっしろ

点字の本なんだから当たり前なはずなんだけど、この、あまりのギャップに思い知らされる。

わたしの当たり前はみんなの当たり前じゃないのよ。
あなたの言葉ですべて伝わる、なんて傲慢なこと。
あの時のあの人、何も言わなかったけど、違うやり方で、この点字みたくたくさん伝えようとしてたのに、わたしがまっしろ、と思い込んでたのかも。
触ってみれば、良かったのに。

点字の本は開くたびに、頭をさげたくなるのです。
Posted at 08:20 | 思い | COM(0) | TB(0) |
2014.01.16

タイヘンの唄

タイヘンの唄

10代の大変と
20代の大変、
ぜんぶ抱きしめて30代は笑うのさ

大きく変われ良いほうに
大きく変われどうせなら

朝六時の大変と
夕六時の大変、
ぜんぶ洗濯機にぶち込んで深夜にあの人は踊るのさ

大きく変われ笑えるほうに
大きく変われどうせなら

大変がおわったら、良い風が吹く
その時君は満たされていて
大きく変われ、良いほうに…




「大変とは大きく変わること、同じ大変なら、良い方に大きく変わりたい」
大学の部活の後輩が、部日誌に書いていた言葉。いまでも忘れられないのです。一生懸命で、少し不器用なあの子が、行き詰まり、自分を励まし半分、冷静に分析半分、でた言葉だったのだと思います。
まことにおっしゃる通り。
良い言葉をくれたあの子に会いたいな。

だれかメロディー付けて!
Posted at 01:38 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2014.01.10

命短し考えつくせよ乙女

きりがないよ

オーガニック食品に関心を持ち始めた私に人は言います。

かわいいファーのついたファッションと決別しようとする私に人は言います。

きりがないよ


きりがないよの続きに隠されていることばはなんですか?

きりがないよ(考えたって)?


いつもうーん、と考えさせられます。

うん、きりはないと思う。

ここで、オーガニック女子の正当性やアンチ毛皮女子の正当性を述べたいわけじゃない。

きりがないから、無頓着でいいじゃない、っていう生き方について

目の前に新しい扉があって、開けてみたら、すんごい広かったから扉を閉めた

なんて生き方はわたしは本望ではない。

その世界に足を踏み入れて試行錯誤している人を見て、いったいどんな世界が見えているんだろう、と想像を働かせたり。

自分がその扉を開けて飛び込んで進んでいくかはわからないけど、扉は閉めない。


っていう、つれづれな思いがあります。
Posted at 12:46 | 思い | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。