FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.08.28

望み&痛み

また出産の時のこと。
忘れないでいたいことを備忘録として。
子供を産むまでは
「ちゃんと足があれば」と願い
「無事に産めさえすれば」と願い
産んで寝るまでは
「よっしゃ!産んだらこっちのもんじゃ!」と思ったのですが
翌朝起きたら体が全く言うことを聞かずベットから起き上がれない…
「あぁ!この筋肉痛さえなければなぁ!赤ちゃんの世話もビュンビュン丸なのに、っくっ!」
「なんなんやこの、しっ下の痛みは…これさえ治れば言うことないのになぁ、赤ちゃん可愛いし💕」
3日ほど経つと、母乳問題に追われ…母乳出ないし、赤ちゃん寝てしまうし起きないし、なんだか私だけ授乳室に居残りで、ずーっとあの部屋にいるような感じでした。どうせ増えてないからか、私だけ赤ちゃんの体重を計るよう勧められなかったように感じ、悲しかった。
「あぁ!お乳さえ問題なく出ればなぁ~~涙」
あの痛みを乗り越えたのだから、これからちょっとヤソっとのことはへっちゃらだろうね、と思っていたのに、痛みは日々brand newされてその日の新たな痛みに、おほーっヽ(´o`;たはーっ(・_・;
乳首の痛みには恐怖すら覚えて、赤ちゃんが泣くと憂鬱でした…(涙)
赤ちゃんが無事に産めさえすれば…と願って、叶ったのに、~さえ…だったらなぁ、と高望みは日々高くなっていく感覚があります。
今は"自分のお乳で赤ちゃんの体重が増えている"っていう、私にとっての目下一番の心配事が何とか上手くいきそうなので、何も望みはないです。今のところ、は。
でもこれからの日々で、望みがどんどん高くなって、地面から遥か彼方に登っていくんだろうか。バベルの塔みたい。
自分の名声や、子供の勉強とか、発育とか…
向上心は持っていたいけど、始まりは地面にいたこと、忘れないでいたいなぁ、と思っている日々です。

スポンサーサイト
Posted at 03:03 | 思い | COM(0) | TB(0) |
2017.08.12

忘れないでいたいこと

産科病棟の最終日、翌日退院するお母さんたちが集められて退院後の生活のアドバイスを受ける時間がありました。
初産婦さんは私ともう一人、小柄な気さくな女性、二人目出産の女性が二人、若い明るい髪の女性と眼鏡のよく笑う女性。
全ての説明が終わり、少しお母さん同士の紹介しあいっこがありました。
二人目ママさんは、二人目の子の世話に加え、一人目の子のヤキモチや赤ちゃん帰りの大変さを教えてくれました。母も子も泣きながら母乳を卒業したこととか…(二人目を妊娠中に一人目の子の母乳をあげると、子宮が収縮して流産のリスクが高まるそう)
私は母乳の心配や、体重が少ない心配のことなど…
そんななか、最後は初産の気さくな女性だったんだけど、
彼女はなかなか子供を授からず、それでもどうしても欲しくて体外受精をして、やっと授かって、そしたら今度は糖尿病になってしまって、激烈な食事制限をして出産に至り、分娩台に上がったら陣痛が止まったので帝王切開でやっと赤ちゃんに会えたそう。でも術後は糖尿病のためにモルヒネが使えず、痛みをベットで転げ回りながら耐えたそう。
淡々と話しながら、ポロポロと涙を流していた。
下から産みたかったけど、すごい可愛くて、すごい幸せ…
とポツリポツリ
そこにいたどの人もポロポロと涙が止まらなかった。助産師さんも。
下も緩んでオシッコが止められない頃だったし、悪露もナプキンしないとてんやわんやだし、おっぱいも強烈に張っていきなり「ター」としたたるのを止められなかったし、もぉ、あらゆるところから滲むのを止められなかった…。涙も。
弱っていた、とも言えるんだけど、あの空気間は独特のものがあったな。
お母さん同士の境界がとろけて、1つのスライムになって、同じ気持ちになってたんだと思う。
あの人にまた会いたいし、あの日のことは忘れないでいたい。

Posted at 22:31 | 日々の歌 | COM(0) | TB(0) |
2017.08.11

ジョジョで見つけた

トリッシュは俺だ!!
トリッシュがうけた傷は俺の傷なんだ!!
以前、助けるについて、という記事を書いたのですが、その続きのような、そうでも無いような。
ジョジョの奇妙な冒険を読んでいて、妙に腑に落ちたので。
ジョースター家とデュオとの血統をかけた戦いについて描かれた大作で、私も夫も好きなのですが、ついこの間第五部を読みました。舞台はイタリア。主人公はジョルノジョバーナ。不遇の幼少期を過ごしたが、ある不思議な能力でたまたま助けた男がマフィアで、そのマフィアによってそれ以降、陰ながら守られて育つことでそれまで彼の頭に暗雲と立ち込めていた環境がガラリと変わり、立派な青年に育ち、世の中を良くする志のため、マフィアのナンバーワンに昇り詰めるため、仲間たちとボスを倒すというストーリー。
ボスから『娘(トリッシュ)を敵から守って自分のところへ連れてくる』よう命令されたので苦心して連れて行ったのだけど、ボスの真の目的は娘を殺すことだった(手首をもぎ取られた)ため、急遽トリッシュをボスから奪還し、ボスを倒すことになる。
もともとボスの下で働いていた仲間たちなので、ボスの強さもわかっており、自分達の命も危ういため、自分一人で行く、とリーダーは船を出して島から離れるシーンで、仲間のナランチャが海に飛び込んでバシャバシャと泳ぎ追いかけながら泣いて叫ぶのが冒頭このセリフです。ナランチャも親から虐待を受け、学校にも行けず瀕死の状態をリーダーに助けられマフィアの世界に入った過去があったのです。
あなたの傷は私の傷なんだよ
そう言われたら、本当に心からそう言われたら、いかに自分が地中奥深い穴の底にいたとしても、まるでそこが地面みたいに思えるのかもな。
二度見してしまったページでした。
Posted at 01:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。