--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.04

はたらくおんな

先日、ニュースで阿部さんが
「女性の活用を…」
と言っていた。
この人神様みたいなことを言うな、と思った。
活用て、
男性も女性も超えた、人智を超えた人なら言いそうな発言。

同じ日のニュースでマタニティハラスメントについて、女性の体験談が放送されていた。
雑誌の編集を契約社員でやっていて、結婚、妊娠ときて、体調不良、流産のおそれがあり、会社を休みがちになり、上司から、迷惑!、辞めて!と言われ、辞めさせられたが、結果流産…。
現在はマタニティハラスメントの会をつくり、活動している。
インタビューに映るキッチン、ダイニングは、相当の良いマンションのようだった。

避難を承知で言うが、

このひと、まだ欲しいん…と思った。

その次に、

あれ?てことはわたしの中で、女性は社会で活躍するという満足は優先度的に低くあるべきだという思いがあるらしい、ということが分かった。

ところで、託児所というのは預けるのにいくらかかるんだろう?
うちの近所には
月額45000円から、と書いてある。
仮に20日でこの金額なら、一日2250円
仮に八時間預けた金額とすれば一時間280円ほどだ。
自分の母親が日々してくれていた世話、かたりかけ、抱擁、あやし、教育を思えば安すぎる、
かといって、パートで頑張らなければいけないお母さんにとっては痛い金額。

とにかく、言いたいのは、お母さんは毎日、プライスにはし難い、必要なものを子供に注ぐ。

いまの人は目に見えぬものに価値を見出さない。
音楽をしていて、たまに思い知らされる。
それは、家庭にも入り込んでいる。
金を生み出す作業をすることで、わたしは充実している、と感じるのかも。

出産しても、仕事においての満足を失いたくない、それは100年先の日本、とかのレベルでいって、どうなんだろう?

以前勤めていた会社は社長は男性、副社長は女性だった。
社長が男性社員を好待遇した時に副社長は怒って、女性社員の前で弁明を求めた、たいへんな出来事があった。
社長は
男の人はずっと会社にいてくれるでしょ?だから責任ある仕事を任すんだよ、女の子は結婚しなきゃいけないでしょ?いや、いてくれるって約束してくれるなら任せるよ?でも、いなくなっちゃうなら、いま、目の前の仕事を一生懸命やればいんだよ。
と言われた。えらくはっきり。

あの時なんと返せば良かったか、いまでも時々かんがえる。

たまに出る答えは、もし、自分が、赤ちゃんを産んで子供を育てるということを本当に尊い、誇り高い役目と思っていたら、あのとき、じだんだ踏んで悔しがることもなかったのに。やはりかるくみているのかな、わたしは…などとかんがえる。

眠いのでまた今度(~_~;)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://mmikeneko.blog134.fc2.com/tb.php/291-ca82b70f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。