--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.28

駅員さんと盲導犬にとって住み良い国

最近は盲導犬とは言わないそうですね。
お互いに助け合うパートナー犬。

私にとって頭が上がらない生き方をしているあの犬たちが刺されたり、蹴られたりしている。

そしてホームにて乗客を案内する駅員さんにたいする暴力も近年、増加するばかり。

こないだはホームで4歳くらいの女の子に向かって

『っあんたばっかじゃないの!!!?トイレくらい行っときなさいよ!』
『どーすんの!?この電車のらなきゃ間に合わない!!!』
『どーすんの?我慢できる?!』

と怒鳴る母親(スマホでパケットしながら)

を見ました。

いろんなしわ寄せが弱い弱い、無抵抗なところ、さらけ出さざるを得ない役職の人たちに向かっていく。

あの母親のストレスの原因は(以下、妄想です。)

旦那だったりして

旦那が冷たい、暴力をふるう

その旦那のストレスの原因は

上司だったりして

上司による嫌がらせ、過大なプレッシャー

その上司のストレスの原因は

社長だったりして

社長による…。

その社長のストレスの原因は


ずっとその順繰り。

あのトイレを我慢セざるを得なくなった小さな女の子は、いったいどこに向かうんだろう。

この順繰りは、嫌な思いをさせられ、その仕返しをなにか他の対象物にたらい回しにすることで成り立っている。
当座、精神のバランスを保つのに役だっている。

人間はそういう、変換が可能な生き物だ。

もし、嫌な思いをさせられた時に、その仕打ちをした相手に、やり返す、という形でしか、抱えているストレスが解消されなかったら、世の中どうなるのだろう。

大変なことになる。

やり返せない相手であることが多いからだ。

だから、ぎゅーーーっと自分の中でだけ、抱える。

でも、ゴールデンリトリバーは刺されることはない。だって彼らはだれのことも傷つけないから

あの小さな女の子も、助かる。

幸せ指数だかなんだか知らんけど。

駅員さんや盲導犬が住み良い国と思えたら、それはいい国だと思う。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://mmikeneko.blog134.fc2.com/tb.php/292-eb85093c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。