--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.02.26

嫌がらせ弁当

今朝NHKのニュースのコーナーで

嫌がらせ弁当

について取り上げていた。
思春期の子と親が、家庭で喧嘩した腹いせを弁当にたくす。
あえて嫌がるキャラ弁にしたり、ツナ缶を缶ごと入れたり。

取材されていたお母さんは、シングルマザー、夜中1時まで働いても朝五時に起き、嫌がらせ弁当を娘の高校三年間作り続けた。

そのお母さんは、反抗期で会話もままならない娘への文句やメッセージを文字にして海苔で切り抜き、ご飯とかにのせていた。
片せや!とか
歩いて学校いけや!とか

入試が近づく頃には、
全てが自分の思い通りにはならない、とか…

その文字を紙に書き、それを海苔の上に置き、カッターでくり抜く。

それを写真に撮り、Blogにのせ、この度それが出版され、話題になったらしい。

とても、いい加減で勝手な憶測だけど、
あのお母さんの負けん気と、意思の強さと愛とパワーは並大抵のものではないと思う。

娘さんが本の最後に
お母さんのようになりたい
と添えていた。

お母さんのようになりたい

あなたのようになりたい

って子供に言われるって、どんな気分?

わたしはお母さんのようにならないけど、お母さんはそのままでよいと思うし、お母さんがどうなろうと、受け入れることができる気がする。

たぶん。

ちなみにうちの母はわたしのアルバムの歌詞カードを寝る時は枕元に、起きて居間に行く時はちゃぶ台の自分の席に置いています。
そして誤字脱字、汚い字のところに○をしています…
母は字を綺麗に書くことに凄まじいこだわりがあり、「今度こんな字書いたら犬小屋で寝さすからな!」とよく言われたものです。

あぁだれか弁当作って
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://mmikeneko.blog134.fc2.com/tb.php/308-c9ffd127
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。